今日は休みなので何をしようかなと思っていたら、雨が降ってきたのでこのままおうちでまったりパターンです。

昨日の夜からちょっとお腹の調子が悪くて下痢気味なので、それもあって今日は完全お休みモードで身体を休ませることにしました。

今まで、下痢というとものすごーく痛くてどうしようもない地獄を指すのかと思っていましたが、こういう軽い感じのもあるんだなと知りました。

知り合いがお腹を壊したと聞いたらすごく心配しましたが、もし世間が言う下痢がこういう感じであれば、私が想像しているような酷さではなかったかもしれませんね。

反対に、私が下痢だと言っていたとしても相手の受け取り方はもっと軽いものだったのかもしれません。

さてさて、家でできることと言ってもゲームくらいかなあ。昨日ゲームをやったこともあってそこまでやりたいと思わないんですよね。

そして録画も消化してしまったので特段したいことがありません。昨日は「帝一の國」という映画を見ました。

これが想像以上にものすごく面白くて興奮しました!

これから見たいという人もいるかもしれないのでネタバレは避けますが、ラストの主人公の行動に感動して涙したのに、あの行動の訳はそういうことだったんかい!と思わず突っ込んで涙を返せと思いました。

良い意味でですけどね。地上波で映画をやると面白そうだなと思うものは録画しておくのですが、作品にあまり入り込めない私でもかなり楽しめました。

海帝高校の生徒会長になれば総理大臣への道が開くという設定で、その生徒会長を目指す主人公たちのバトルです。

何か一つのことにあんなにもエネルギッシュに打ち込めるのって羨ましいなあと思いました。

それはこの映画に限ったことではありませんが、そういう打ち込めるものがあるというのはリスクもあるものの幸せなのだと思います。

隣の芝生は青く見えるだけかもしれませんが、そういう青春を過ごしてみたかったなあとは思いますね。